トップ 会社概要 セミナー情報 メニュー情報 サポート事例 ネットワーク BSCとは 著書 ご相談窓口 リンク集
BSCとは
『バランス・スコアカードとは』
バランス・スコアカード(BSC)を一言で表現すると、「夢を叶える考え方・道具」です。全従業員の幸せにつながる夢のある企業ビジョンを掲げて全従業員と共有し、それに向かうための地図(戦略マップ)を4つの調和を取る"BSCの考え方で作成し"、実際に歩むときの進捗状況の検証などに、"BSCのスコアカードを道具として使う"ことが大変有効です。

図1:戦略マップとスコアカード
【戦略マップ】 戦略を視覚化することで、現場への戦略の浸透をスムーズにする
コミュニケーションツールとして機能します。

【スコアカード】 戦略の実行を管理することで、Plan(計画)、Do(実行)、
Check(進捗管理)、Action(達成度・状況に合わせた見直し)を確実にします。

(1)BSCの考え方
@短期と長期の調和
人材育成・採用を行うと短期的には、経費が増え利益は減少します。しかし、中長期的には人材が売上を上げ利益向上に繋がります。このように短期と長期の調和が大切です。
A外部と内部の調和
外部の財務や顧客満足と内部の業務改善・人材育成などの調和をとることが大切です。
B過去・現在・未来の調和
C4つの視点の調和
財務は過去の結果、業務プロセスは現在行っていること、顧客は、現在から未来の顧客の満足度、人材と変革は未来に向けて行っていくことです。この時間軸と財務・顧客・業務・人材の視点の調和をとることが大切です。
私は、企業の皆さまに調和の経営を行っていただくためにすべてのコンサルティングを、図2のBSCの考え方でおこなっています。

図2:BSCの考え方
BSCの考え方

(2)BSCが有効な理由
@ BSCの考え方は非常にわかりやすく、あきらめずに繰り返すことで誰にでも理解することができます。私のお客様であるS社の社長は、「8桁の電話番号を覚えることができれば大丈夫」とまで言われています。
A BSCを作成すると経営方針を視覚化することができます。戦略マップは、経営を登山にたとえると地図にあたり、それがあることで迷わず進むことができます。また、戦略マップやスコアカードは、経営者や従業員の行動の判断基準となります。迷ったときはBSCの考え方に従って企業の価値観である経営理念に帰り考え行動することで真っ直ぐに目的地(企業ビジョン)に向かうことができます。
B 経営戦略の策定に従業員を巻き込むことができます。BSCはわかりやすいため、その作成には誰でも参加可能です。従って、従業員が作成に参加することで戦略的考え方に興味を持ってきます。また、作成過程を通じて価値観の違う従業員の心を一つにまとめることもできます。さらには、従業員教育にも有効な道具として利用することができます。BSCの作成過程に従業員が参加することが、経営理念の浸透・企業ビジョンの共有などの最も大切な従業員教育になります。多くの大企業には、優秀な人材がいる上に、人材育成の仕組みがあります。それらと競争する中小企業は、いかに人材育成の仕組みを作るかが大切です。人が育つ仕組みを持つ中小企業は、新商品を創り続け継続成長していきますが、ヒット商品が出ても人材育成に力を入れていない中小企業は、ヒット商品が一発花火に終わってしまいます。
UKK 株式会社上宮経営開発研究所
住所地:〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-5-23 / 事務所:〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1-5-7ニューライフ大手前402
TEL/FAX:06-6947-8122 / E−mail:ukk@uemiya.com
トップ会社概要セミナー情報メニュー情報サポート事例ネットワークBSCとは著書ご相談窓口リンク集